40代が考えるべき「お金」とは?理想的な貯金額と家計の現実

「資産の1つとして住宅を購入する」

「子供が私立の大学進学を希望している」

「早期退職して自営業をはじめる」

お金にまつわる人生のターニングポイントを迎えることも多い40代。
まとまった金額が必要になる機会は増えるばかりです。

では、40代で用意しておくべき貯金額とはどのくらいなのでしょう。

安心して老後を迎えるために必要とされる理想的な貯金額と、40代が実際に用意している貯金額を再確認します。

自身の貯金額や家計のために、改めて40代の貯金について考えてみましょう。

どれだけあれば安心できる?40代の理想的な貯金額と平均金額

どれだけあれば安心できる?40代の理想的な貯金額と平均金額

現在の40代は、どのくらいの金額を貯金しているのでしょうか。

ここでは、独身・既婚といった世帯別の40代の資産保有平均額と、老後をふまえた理想の貯金額を考えてみます。

理想的な貯金額については、単純に「老後」の生活に関わる金額としています。

65歳以上を「老後」とし、たとえば85歳まで生きると仮定した場合、「老後」に必要な金額とはどのくらいなのでしょうか。

【独身者】平均貯金額と理想の貯金額

「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和元年)」による、40代の貯金を含めた平均金融資産保有額は564万円です。

調査データ数値を小さい順に並べたとき、ちょうど真ん中に当たる「中央値」は50万円となっています。

独身者であれば、自分自身の生活のための貯えを考慮すればよいことになります。

「家計調査報告(家計収支編)2018年」による、高齢単身無職世帯(60歳以上の単身無職世帯)の月々の実収入は123,325円です 。

対して 消費支出、非消費支出を合わせた支出額は161,995円で、その差額は38,670円。

65歳から85歳までの20年間での差額は、単純に計算すると約930万円です。

【既婚】平均貯金額と理想の貯金額

「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和元年)」による、40代の平均金融資産保有額は694万円。

中央値は365万円と、単身世帯の数値と比べると金額は大きくなっています。

二人以上の収入があることも貯金額が増える理由ですが、お互いが家計の管理を意識する点も資産額が高くなる理由の1つといえます。

次に老後の生活にかかるお金ですが、「家計調査報告(家計収支編)2018年」による、高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上,妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の月々の実収入は222,834円。

支出の合計は264,706円で収支差額は41,872円です。老後の20年分の差額を単純計算すると約1,005万円必要ということになります。

40代であれば、これから高校や大学への進学を控えている子供のいる世帯も少なくありません。

入学する学校によってある程度の差はありますが、文部科学省「子どもの学習費調査」(平成28年度)によると、高校の1年間の学習費総額は全日制の公立高校で450,862円、私立であれば1,040,168円となっています。

次に、大学進学を希望している場合にかかる費用ですが、日本政策金融公庫の平成 30 年度「教育費負担の実態調査結果」では、国公立大学の年間在学費用の平均は114,8万円。

私立大学理系となれば、平均185.3万円となります。
同調査における高校入学から大学卒業まで必要な入学在学費用は、子供一人あたり953万円。
在学費用だけでもおおよそ1,000万円の資金が必要だということになります。

年収はどのくらい?ローン額は?月々の貯金額って?40代のお金事情

年収はどのくらい?ローン額は?月々の貯金額って?40代のお金事情

「平成30年分民間給料実態統計調査」では40代の平均年収は40~44歳で476万円 、45~49歳で502万円となっています。

住宅ローンの支払いや子供のかかるお金など、世帯構成によって40代のお金事情はさまざま。

月々の貯金額や抱えているローン額などを検証してみます。

40代「おひとりさま」のお金事情

平成26年全国消費実態調査によると40代単身世帯の負債現在高は、男性が277万円、女性が380万円。
男女ともに「住宅・土地のための負債」が負債現在高の90%以上を占めています。

「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和元年)」による、年間手取り収入からの貯蓄割合の平均値は13%。

年間手取り収入の40代平均が313万円となっているので、年間貯蓄額は約41万円。

ボーナスからの貯蓄を月々の金額と同じ割合、ボーナスが2ヵ月分の2回支給として考えたとき、月々の平均貯蓄額は約2,6万円になります。

気楽な2人暮らし?夫婦二人の家計事情

平成26年全国消費実態調査では、40代二人以上世帯の負債現在高の平均は913万円。

そのうちの75.1%が「住宅・土地のための負債」です。

二人以上世帯では、この割合が一番高いのは30代で、年代が上がるごとに占める割合が少なくなっています。

「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和元年)」の40代世帯の年間手取り収入からの貯蓄割合は9%。

年間の手取り収入が576万円で、年間貯蓄額は52万円。

ボーナスからの貯蓄を同じ割合とみなし、ボーナスが2ヵ月分の2回支給とすると、月々の平均貯蓄額は約3,2万円です。

子育ては佳境に!平均的な4人家族の家計簿

負債現在高の平均や住宅ローンの比率については、40代二人以上世帯の調査報告と同じです。

しかし、4人家族の場合ですと月々の支出額に差が生まれてしまうようです。

例えば、令和2年の総務省統計局の調査によると、4人世帯の月々の平均消費支出は約35万円。

一方、2人世帯の月々の平均消費支出は約29万円。

やはり4人世帯の方が消費支出が多いことがわかります。

今からでもはじめられる!40代から貯金額を増やす方法

今からでもはじめられる!40代から貯金額を増やす方法

部分的な統計の数値とはいえ、40代で用意しておきたい将来への備えは思っていたより大きくなっているのではないでしょうか。

住宅ローンや子供の学費など、生活様式の変化によって負担が増えることも考える必要があります。

独身・既婚に関わらず貯金額を増やすことは、安心して老後を迎えるためにも必要なことだといえます。

40代からでもはじめられる、貯金額の増やし方を検討してみましょう。

住宅ローン・教育ローンなどの支払い計画を把握する

住宅ローンや教育ローンなどが家計の大部分を占めているようなら、見直してみることも負担を軽減する1つの方法です。

住宅ローンなら家計のやりくりにあわせて、変動金利・固定金利を再検討した借り換えも有効。

教育ローンならば、奨学金制度のように卒業後に返済が可能という商品もあるので、家計の状況をもう一度しっかりと把握してみましょう。

家計の無駄を総チェック!保険の見直しはこまめに

「家族が増えた」「子供の独立で夫婦二人の世帯になった」など、ライフステージにあわせた保険料の見直しは家計にとって重要です。

何年も同じプランの保険に加入したまま過ごしていませんか?

保険も常にリニューアルしており、金額の負担はあまり変わらないのに、より保障内容が充実したプランを提供していることが多くあります。

一度、加入している保険のアドバイザーに相談してみてはいかがでしょうか。

40代からはじめる資産運用

お金の預け先を検討しなおすだけでも有効なことがあります。

普通預金から定期や財形貯蓄に預けなおす、まとまった資金があるなら投資を学んでみるのもいいでしょう。

株や外貨などはハードルが高いかもしれませんが、小額からはじめられる投資信託などは40代におすすめの方法です。

40代貯金額増への道!家計のウィークポイントを知ろう

40代貯金額増への道!家計のウィークポイントを知ろう

多くの統計資料を見てきましたが、40代のうちに用意しておきたい貯金額は、実際の平均値や中央値よりも大きいものだと考えられます。

住宅ローンの支払いや、高校や大学受験を控えた子供がいることが多い40代世帯。

独身生活を送っている人が、資産として住宅購入を検討することも多い世代です。
目的をもった貯金に加えて、将来への備えも万全にしておきたい世代であるといえるでしょう。

将来の見通しをたてるのはなかなか難しいでしょうが、40代からでも遅くはありません。

まずは日々のお金の流れを見直してみると、自身の家計の弱いところが見つかります。
家計のウィークポイントを知って、貯蓄額を少しずつでも増やしていける優良家計を目指しましょう。