プロポーズ前に知っておきたい!結婚貯金は男でいくら必要?

「付き合っている彼女とそろそろ結婚したい…でも結婚するにはどれくらいお金が必要なんだろう」と悩んでいませんか?

プロポーズした後は婚約指輪の購入や結婚式、新婚旅行、新生活に向けた引っ越し準備などイベントがたくさんあります。
同時に、お金がたくさんかかってしまうのも事実です。

そこでこの記事では結婚に必要なお金の額と、男性が貯めておきたい貯金額についてご紹介します。
あなたにある程度貯金があれば、経済力のある男性だと思われ、彼女も安心して結婚できるでしょう。

ぜひ結婚にかかる費用を把握したうえで、貯金を始めてください。

結婚するときに必要なお金はいくら?

結婚するときに必要なお金はいくら?

「ゼクシィ結婚トレンド調査 2019首都圏版」を参考に、結婚に必要なお金について見ていきましょう。

プロポーズにかかるお金

プロポーズが成功したら、一般的に婚約記念品(婚約指輪)を購入したり、両家顔合わせ食事会をしたりします。

婚約指輪の平均金額は35万5,000円、両家顔合わせ食事会は6万7,000円です。
最近は結納をしないカップルも増えましたが、食事を含めた結納式をする場合は平均23万1,000円かかります。

結婚式にかかるお金

結婚式(挙式と披露宴)の平均金額は354万9,000円 です。
披露宴の招待客人数は平均66.3人で、1人あたりの挙式、披露宴・披露パーティには平均6万8,000円 かかっています。

とくに料理や引き出物、ペーパーアイテムなどにかかる費用は、ゲストの人数が増えるほど大きくなります。

新婚旅行にかかるお金

新婚旅行にかかる平均金額は61万4,000円です。
別途、お土産代には平均10万4,000円かかります。

旅行先や日数によってかかる金額が変わりますが、一生に一度のイベントなのでお金をかける人が多いです。
人気の行き先はハワイやヨーロッパで、平均旅行日数は6.6日です。

結婚貯金はどれくらい必要?

結婚貯金はどれくらい必要?

結婚式にかかるお金を用意するために、どれくらい貯金すればいいのでしょうか。
みんなの貯金平均額を参考に、男性が貯めておきたい額についてお答えします。

結婚費用のための貯金平均額

「ゼクシィ結婚トレンド調査 2019首都圏版」によると、結婚したカップルの貯金平均額はふたりで323万8,000円でした。
男性はこの半分の額の161万9,000円以上貯めておくといいでしょう。

貯金は多いほど、後々役に立ちます。
彼女が十分に貯金できていない可能性もあるため、できるだけ多くの額を貯めておいたほうが望ましいです。

貯金以外の結婚資金の出所

結婚にかかる費用は、貯金だけではなくご祝儀も充当できます。
全額貯金で用意しなくてもいいので、貯金がないからといってプロポーズを諦めることはありません。

友人や同僚を招待した場合、ご祝儀の目安はひとりあたり3万円です。
仮に50人招待すると3万円×50人=150万円集まり、貯金がたくさんなくても結婚資金を確保できます。

また、親から資金援助を受けられる人もいるでしょう。

結婚貯金を貯めるには

結婚貯金を貯めるには

結婚式や結婚生活に向けて少しでも多くの額を貯金できるよう、今からコツコツ貯金を始めましょう。
ここでは結婚貯金の貯め方をご紹介します。

まずは貯金計画を立てよう

はじめに貯めたい金額を設定して、貯金計画を立てます。
結婚式準備のため、プロポーズから結婚式までは1年~1年半ほどあける人が多いです。
現段階であまり貯金できていない人も、今から計画的に貯めることで必要なお金を準備できます。

いつまでにいくら貯めればいいのか目標額を設定したら、毎月いくら貯金に回せばいいのかを考えてください。
プロポーズ後ならふたりで貯金計画について話し合い、共通の貯金用口座をつくるといいでしょう。

先取り貯蓄で毎月決まった額を貯金に回す

計画的に貯金をしたいときは、給料が入ったら使う前にお金を貯金用口座に移す「先取り貯蓄」がおすすめです。

例えば1年後までに50万円貯めたいなら、「50万円÷12カ月」で毎月約4万2,000円を先取りで貯金用口座に移します。
先取り貯蓄なら有無を言わせず貯金が貯まっていくので、計画通り必要な額を準備できます。

幸せな結婚生活に向けて結婚貯金を始めよう

結婚費用のためのカップルの平均貯金額は323万8,000円です。
男性はこの半分の額の161万9,000円以上貯めておくといいでしょう。

ただし、結婚式にかかる費用は貯金だけではなくご祝儀を充てることもできます。
すべての費用を貯金で用意しなくてもいいので、お金がないからといってプロポーズを諦める必要はありません。

また、プロポーズから結婚式まで1年~1年半ほどあける人が多く、貯金をする時間もあります。

結婚式や新婚旅行、結婚生活を楽しむために、ぜひ今から結婚貯金を始めてください。
男性が十分に貯金できていれば彼女も安心でき、素敵な結婚生活が実現するでしょう。