老後資金どうなる?どうする?30代から始める将来への備え

少子高齢化が進み、将来の年金給付への不安は大きくなるばかりです。
将来迎える老後の生活のために、今から始めておくべき将来への備えを考えてみましょう。

老後資金を準備するために、今できることはどんなものでしょうか。

結婚・子育てと、これから人生の転機を迎える人の多い30代。
実際に必要とされている老後資金とはいったいどのくらいなのかを、人生の転機において必要な資金を踏まえて検証していきます。

老後の資金とは?生きるために必要な資金と人生を楽しむための資金

老後の資金とは?生きるために必要な資金と人生を楽しむための資金

総務省の行った2019年の家計調査では「夫65歳以上、妻60歳以上」の夫婦の世帯において、月々の支出額は「23.7万円」

その内訳は、生活全般にかかる額は「13万円」、医療関連に「1.6万円」、教育・娯楽に「2.8万円」、その他の消費に「6.2万円」となっています。
その他の消費には、雑費・こづかい・交際費・仕送り金などが上げられ、収入の約1/4が生活全般以外の部分で消費されているといえます。

世帯状況にもよりますが、これを見る限りでは贅沢な暮らしぶりとはいえず、必要最小限の支出であると考えられます。

必要最小限の「老後生活」と「ゆとりある老後生活」にはどのくらいの生活費の違いがあるのでしょうか。

どのくらい必要?生活のための資金

2019年に「老後2,000万円問題」として老後の生活に必要な資金がニュースでとりあげられれたことがありました。
これは「老後生活が20~30年続くと考えると、老後の資金は1,300万~2,000万円不足する」との試算を金融庁が提示したものです。

生活保険文化センターの生活保障に関する調査では、60歳代の最低日常生活費は月額「23.5万円」。

それに対し、厚労省の調査によると就業していない高齢者世帯の1ヶ月平均実収入は「18.6万円」です。

この先、20年、30年後を考えると、物価の上昇や少子化による年金額の減額といった不安材料もあり、ある程度貯えがあったとしても十分とはいえない状況にあります。

引退後を楽しみたい!ゆとりのための資金

「現役引退後は、旅行・レジャー・趣味といった楽しみにお金を使いたい」「毎日の生活を充実させたい」といった、ゆとりのある生活を送りたいと考える人も多く存在します。

生活保険文化センターの生活保障に関する調査において、「ゆとりある老後生活費」の平均額は「37.8万円」です。

この調査を基準と考えるなら、ゆとりのある生活をするためには、月12万円以上の生活資金が月収入に上乗せで必要ということになります。

人生のプランを考える…職業や家族構成で変化するお金の事情

人生のプランを考える…職業や家族構成で変化するお金の事情

老後を迎えるまでに必要なお金とは、どのくらいなのでしょうか。

結婚、子育て、親の介護など、必要な資金は状況によって大きく変わりますが、一般的にはどのくらいの負担になるのかを考えてみます。

独身・既婚にかかわらず、住宅の購入を考えることもあるでしょうし、子供を持つなら、学費などのまとまった資金が必要になります。

自分や家族のための人生設計を踏まえたうえで、老後資金の準備を進めましょう。

独身・既婚でどう変わる?結婚にまつわるお金

結婚するとなると、結婚式の資金や新生活を始めるための資金などが必要になります。
夫婦での生活費も必要になるでしょう。

一方、一生独身なら、収入はすべて自分の自由になるお金であるため、結婚するより老後資金が少なくて済むように感じてしまいます。

しかし、この「自分の自由になる」ことに注意する必要があります。

「自由になる=自由に使う」ことが日常になると、いくつになっても自分の好きなようにお金を使って生活してしまいます。
単身の老後資金の準備には、誘惑に負けない忍耐が必要なのです。

独身生活では、自分の老後や終活は自分自身の手でやり遂げる必要があると心得ましょう。

子育てにはお金がかかる!子供を持つと必要になる資金

子供にかかるお金といえば、教育費がポイントとなってくるのは当然なのですが、それだけではなく、子供を育てるための「養育費」がかかります。

子供が大学を卒業するまでの間にかかる「養育費」は、約1,640万円とされ、これに教育費が加算されることになります。

教育費は、高校生までで約1,000万~2,500万円。
大学は、最もお金がかかる私立医科歯科系6年間で約3,000万円必要となります。

子供がどのような進路を選択するかで大きく違ってきますが、余裕をもって準備するなら、子供ひとりに対して最高7,000万円ほどが必要であるということです。

親の介護が必要になったら…生活の変化とかかるお金

大きく生活が変化する「もしもの時」を考えておくなら、親の介護、自分自身や家族のケガや病気があります。

いずれも保険や公的な補助を受けることが可能ですが、完全に補填されるとは限りません。
そのために、時短勤務など就業状態の変化、また日常生活を大きく変える必要がでてくるかもしれません。

あえて準備しておく必要はないでしょうが、老後資金としての備えがもしもの時を支えてくれる可能性もあります。

老後への備えは今から!将来への資金対策

老後への備えは今から!将来への資金対策

実際に老後資金を準備していくために、今からどんなことを始めればよいのでしょうか。

まずは確実にお金を貯めること。身近な預金制度を利用して、資金を準備する基礎をつくっておきましょう。

現役を長く続けるために、将来の仕事や事業について考えてみましょう。
楽しみながら働き続けることは、安定した収入につながります。

「お金に働いてもらう」のも重要。
眠っているお金を運用してお金自身に働いてもらうのは、老後資金を準備するうえで比較的有効な方法です。

しっかり学んで将来に備えておいても損はありません。

少しでも手堅く増やす!お金の預け先の選び方

すぐには必要としない、まとまったお金を定期預金に預けるだけでも多少は違います。

大手銀行のスーパー定期やゆうちょ銀行の定額貯金など、預ける期間を自由に選べたり、6か月が過ぎると自由に引き出せたりするなど、手軽に預けられる点が利用しやすく便利です。

ネット銀行は、大手銀行より金利が高くなっていることが多いため、普段利用している人には敷居も低く、検討する価値があるといえます。

勤務先が財形制度を導入していれば、活用してみてもいいかもしれません。
給与から天引きしてくれますし、普通預金より金利が高いというメリットもあります。

現役続行!働くこともひとつの選択肢

定年後の再雇用制度を利用したり、人材センターへの登録などで引き続き仕事を持ったりすることも、安定した老後を考える上では重要です。

退職金を元にして新しく事業をはじめる、田舎に不動産を購入して農業に従事するなど、まったく別の道を選択することもめずらしくありません。

ずっとチャレンジしたいと考えていたことをはじめるのも、選択肢のひとつだといえます。

なにより積むことが肝心…今から始める投資

銀行の利息が低いこともあり、将来のために投資する人が増えています。

投資信託や外貨預金、個人向け国債など、銀行で手軽に始められる投資しやすいものを選んでみましょう。

早い時期から投資を学んで「お金に働いてもらう」ことを身に着けておいてもいいのではないでしょうか。

それぞれの人生プランにあった老後への備え方

老後資金の準備は、若いうちからはじめることが重要です。

少子高齢化が進み、将来の見通しが不安であることも理由のひとつですが、不測の事態による社会経済への打撃など、日常生活に影響する状況の変化は、まったく予測ができません。

万が一のためにも、少しずつできることからはじめてみましょう。
自身の置かれている状況や将来への展望など、個々の抱えている事情はさまざまです。

人生を有意義なものにするために、今からできる将来への備えを考えてみましょう。