20代はいくら貯金すればいい?理想的な貯金額を解説

20代は、これから生じるであろう結婚出産、また老後など将来のことを考えると、いくら貯金しておけばいいのか悩みますよね。

学生から社会人になり、ライフステージが変化したことで、お金の使い方や貯め方などお金に対する意識も10代とは大きく変わったのではないでしょうか。

そこで今回は「20代の平均貯金額と理想的な貯金額」について解説します。

同年代がどれくらい貯金しているのかを把握したうえで、今後いくら貯めればいいのか目標額を決めましょう。

あわせて、現時点で貯金がない人でも無理なく貯められる貯金法についても解説します。

ぜひ参考にしてください。

20代はどれくらい貯金してる?

20代はどれくらい貯金してる?

まずは金融広報中央委員会が公表している「家計の金融行動に関する世論調査 令和元年調査結果」をもとに、20代の貯金事情をご紹介します。

20代で貯金がない人の割合

単身世帯(ひとり暮らし)の20代で金融資産を保有していないと回答した人は45.2%、保有していると回答した人は54.8%でした。なんと全体の半数近くの人が貯金ゼロと回答しています。

一方、ふたり以上世帯の20代で金融資産を保有していないと回答した人は22.9%、保有していると回答した人は77.1%でした。

ふたり以上世帯には、結婚して夫婦で暮らしている人や独身で実家に住んでいる人などが含まれます。

ふたり以上世帯だと貯金がゼロという人は2割程度に留まり、約8割の人はしっかり貯金しています。

20代の平均貯金額

貯金をしている20代の平均貯金額を見てみると、単身世帯は198万円、ふたり以上世帯は220万円でした。

中央値(データを小さいほうまたは大きいほうから順番に並べて中央にくる数値)は単身世帯だと80万円、ふたり以上世帯だと165万円です。

平均値は貯金をたくさん持っている人がいると数値が上がってしまうため、みんながどれくらい貯めているのかを知りたいときは中央値を参考にしたほうがいいでしょう。

そのため、20代で貯金をしている人はひとり暮らしなら80万円、ふたり以上で暮らしている165万円貯めているのが一般的と判断できます。

20代の理想の貯金額とは

20代の理想の貯金額とは

もしもの備えのため、20代はどれくらい貯金しておけばいいのでしょうか。

理想的な貯金額をご紹介します。

手取りの10〜15%を貯金しよう

「家計の金融行動に関する世論調査 令和元年調査結果」によると、単身世帯もふたり以上世帯も、20代では手取りの10〜15%未満を貯金に回している人が最も多かったです(貯蓄しなかった人を除く)。

手取り20万円の人なら2~3万円未満を貯金することになります。

ひとり暮らしだと収入に占める住宅費の割合が高く、なかなか貯金するゆとりがないかもしれません。

しかし、まずは10〜15%未満を貯蓄に回すことを目標として、月々の貯金額を設定しましょう。

最低限必要な貯金額は生活費の3~6ヶ月

緊急時の備えとして最低限必要な貯金額は、生活費の3~6ヶ月です。

会社員の場合、病気やケガで働けなくなったときは傷病手当金を、リストラされたときは失業給付金(手当)を公的機関から受給できます。

しかし、自己都合で退職した際は7日間の待機期間と3ヶ月間の給付制限期間があるため、この間は貯金から生活費を捻出しなくてはいけません。

そのとき生活費の3~6ヶ月の貯金があれば、当分の間生活を維持できます。

現在、貯金がまったくない人も、最低限必要な貯金として生活費の3~6ヶ月分を貯めましょう。

20代から効率よく貯金するには

20代から効率よく貯金するには

20代からコツコツお金を貯めるには、先を見据えた貯金計画を立てることが大切です。

ここからは効率よく貯金できる方法をご紹介します。

先取り貯金をする

計画的に貯金をするためには先取り貯金がおすすめです。

先取り貯金とは、給料が入ったらあらかじめ決めておいた額を先に貯金に回し、残りのお金で生活するという方法です。

余ったお金を貯金に回そうとすると、使いすぎて貯金できるお金がなくなってしまうことがよくあります。

しかし先取り貯金なら、あらかじめ貯金額を給料から天引きして貯めるので、毎月着実に貯金ができるのです。

先取り貯金は各銀行が扱っている「積立定期預金」を活用すると、毎月自動で積み立てられて管理が楽になります。

今まで余った額を貯金に回していた人は、先取り貯金を始めて毎月決まった額をコツコツ貯めましょう。

資産形成を検討する

最低限必要な貯金額が貯まったら、今後の備えのために資産形成を検討するのもいいかもしれません。

とくに老後資金など、将来的に準備したいお金は資産形成で少しずつ用意するのがおすすめです。

資産形成とは株式投資や不動産投資など、資産を運用してお金を増やすことです。

最近は少額から投資できる金融商品もあるので、投資に慣れていない人は少額投資から始めてみると、投資感覚を養えます。

貯金ができたら資産形成を次の目標にしましょう。

20代から計画的な貯金を始めよう

20代では、単身世帯(ひとり暮らし)は半数近くが貯金ゼロですが、ふたり以上世帯では約8割の人が貯金しています。

貯金額は単身世帯で80万円、ふたり以上世帯で165万円が平均的です。

手取りの10~15%未満を貯金に回している人が多いので、まずは、この額を先取り貯金して生活費の3~6ヶ月分を貯めましょう。

計画的に貯金をすればまとまった額の貯金ができ、将来のための資産形成も始められます。ぜひ計画を立ててお金を貯める仕組みを作ってください。